発達障害、メンタルヘルス ~生きづらさを抱えた私たちにできること~

この世に生まれたすべての人が、絶望しない社会を作りたい。発達障害/メンタルヘルスに関する記事を中心に、より生きやすい社会を作るためにはどうしたら良いのか?を皆様と一緒に考えていければ幸いです。

川崎の殺傷事件について。【どうすればこのようなことが起きなくなるか?】

こんにちは

言いたいこと沢山あって

毎日ブログを書きたい気持ちで いっぱいなのですが

生きてるだけで体力持っていかれてる人間なので続けて投稿できません!

ごめんなさい。

 

 

Twitterの方では

たまに発言したり、皆さんのコメントを見せてもらっております

大変お勉強になります!

 

 

 

 

最近は悲しい事件や事故が多くて、心が痛みます。

 

特に青ざめたのは川崎の殺傷事件です。

 

一人の人間が起こした犯罪、事故が 与える影響は、

その場に居た被害者だけでなく、遺族、親族、

その地域に住む人たち、

同じようにお子さんを持つ方々へのストレスなどを含めて

とても被害が大きいのです。

 

とてもじゃないですが、心のケアだけでは取り戻せるとは思えません。

 

事件が起きる前に、どうにかなら成らなかったものか?と

考えるばかりです。

 

日がたつにつれて 犯人の状態が明らかになってきましたが、

ゲームやテレビが見つかりましたとか、まだ強調してくるメディアがあって

テレビっ子、ゲームっ子な私としましては大変心外でございました。

 

ではテレビやゲームを売った会社や関係している人たちは

犯罪者を作っているんでしょうか??

 

 

 

子供のころから、ご両親と離れて

叔父、叔母夫婦の家で暮らしてきたという境遇があり、祖父母にも

あまり大事にされているような様子ではなかったというところには

少し同情はしましたが…

 

大事にされていないという気持ちから、

どんどん歪んでいった気持ちのいきつく先が

罪のない子供というのは、本当に本当に怒りしかありません。

 

Twitterでも投稿しましたが、

 

恐ろしい犯罪を犯す人間は、

間違いなく 精神的におかしくなっていると思います。

 

ただ、精神の病気だからといって それで刑が軽くなるとかはやめてほしいんです。

この犯人はすでに自殺したので、刑を受けさせるも何もできませんが…

 

 風邪をひいて熱が出て、意識もうろうとした人が

車に乗って人が死ぬような大きな事故を起こした時、

風邪をひいて体調が悪くなっていたから 減刑とはなりませんよね?

 

体調の悪い日に無理をして乗ってしまった人が悪いんです。

 

それと一緒だと思います。

 

それなのに 犯罪を犯した人を減刑するだなんて、

私にはそれは 精神疾患を持った人を人間扱いしていないから

そういった 判断ができるのではないかと思います。

 

そして、精神疾患を理由に減刑することで

精神疾患を抱えて悩んでいる方々を 嫌悪する対象にする 心無い人々が現れ

ネット上などで 攻撃されることで

余計に病気を長引かせ、苦しめる要因になっているように感じます。

 

 

 

風邪と精神疾患は まったく別物ですが、

どちらも 何かの原因があって、病気にかかる前に予防に努めるべきで

予防するためには 一人の努力だけでは 意味が無くて家族で、地域で、学校で、

国や社会全体であらゆる手段を使って 予防していく必要があると思います。

 

今回のような事件を起こさないようにするためには、

大人が 子供たちに寄り添って 平等に育てられるような環境と

他害などの問題を起こすような子を しっかり隔離して教育を受けさせ、

根気良く見守り 指導し、愛情をもって接し 独り立ちできるようになるまで

何年でも見守っていく制度が必要だと感じました。

 

今の小中学校、高校の制度は

いじめや家庭環境の問題で 

不登校、ひきこもりになっても 時がたてばそのまま卒業か、辞めるしかない状態で

その先につながる道が全く用意されていません。

 

一度道から外れると、戻るチャンスがないのです。

 

そうならないように 国には大事に育てられている様子がない子供に

積極的に手を差し伸べて、犯罪へとつながらないように

導くようにしてほしいと感じました。

 

 

何か 対策を考えなければ

子供の頃から歪んだまま 孤立し、年を重ねていった大人たちが

次々と現れ、何も罪のない人を不幸にしていくだろうと思います。

 

事件が起きてからでは遅いのです。

 

起きないようにするためにはどうしたらいいか、

国や社会全体で考えていくことが重要だと、

一般人でしかない私からですが ここにブログという形で 警鐘を鳴らしておきます。

10歳の不登校ユーチューバー【ゆたぼんくん】に不登校を経験した大人から伝えたいことを書いてみたよ。

こんにちは。⌘garnet⌘です。

 

ブログで語りたいことは他にも沢山あるのですが、

どうしても最近の【不登校の小学生ユーチューバーゆたぼんくん】について

気が気じゃないほど心配しているわけですよ。

 

↓ゆたぼん君の動画です。


【ロボットになるな!】不登校の天才YouTuber「麦わらのゆたぼん」

 

 

私自身も子供のころから勉強が嫌いで、宿題も面倒だし嫌でした。

ゆたぼん君の気持ちもわからないわけではないよ。

 

学校で勉強することについて、10代だった私は

微塵も必要性を感じていなかったと思います。

 

私は小学生高学年ぐらいからだんだんと、不登校気味になり、

その後 地元の農業系の高校に入ったはいいものの

当時の友達付き合いや 性格が全く合わない(熱血系の)担任との摩擦が

大きなストレスとなり、うつ病や躁鬱になったりして メンクリに通ってみたものの、昼夜逆転生活へと悪化し、、、

その結果 日常生活すらままならなくなり 完全に不登校に。

 

最終的には出席日数が足りずに、留年。

再度 新しいクラスに出席して友達作りをしてうまくいっていたものの、

親しくなれば親しくなるほど、自分が抱えている闇が

大事な友達に浮き彫りになっていき、敬遠され、周囲からの視線に耐えきれず、、、

またもやメンタルの不調が悪化し 耐えられず 結局は中退しました。

 

その後しばらくは引きこもりになった という過去の私がいるのですが

今は小学校の頃から学校を休みがちだったことを とても後悔しています。

 

ゆたぼんくんの学校に行きたくない気持ちは良くわかるのですが、

大きくなってからの私のような

何重もの苦痛や苦労を味わってほしくなくて

ゆたぼん君の考え方が 少しでも変わってくれるようにと願うばかりです。

 

 ゆたぼん君に伝えたいこと。聞きたいこと。

・ユーチューバーになりたいって言ってたけど、もしユーチューブが将来サービスが

 終了したら何で稼いで生きていくのかな??

・大人になっても 健康に生きていくには、月25万円くらい必要になるよ。

 年間だと300万円。

 ユーチューブだけで、ずっと100歳ま出続けて稼いでいけそうかな??

・勉強を頑張っている お友達、大人の言うことを聞いているお友達は悪い子なの?

 

学校に行かないと 将来どのような事になるか考えてみたよ。

・単純な計算すらできないと 詐欺師に騙される危険性がある!!お金をだまし取られるかも!?
・漢字すらまともに読めないと 違法な契約書にサインさせられても気づけないかも!!
 ・大人になって仕事をすることになったとしても いろんなことをたくさん勉強する必要があるよ!!
・大人になっても【提出物】だとか、名前は違うけど宿題は沢山あるしやらないとクビになってしまう!
・小学生のうちに簡単な宿題をやり慣れていないと、大人になってからはもっと苦労するよ!

 

学校に行くと 将来どのようなことができるか考えてみたよ。

・学校でお勉強して色々なことができるようになると、大人になった時の選択肢が広がるよ!
 やりたいことができたり、やりたいことが変わっても 得意なことが多ければ多いほど
 自分の夢をかなえやすくなるよ!
 ・子供で世界一周をしたいなら、いろいろな国の言葉が話せないとお買い物もできないと思うから
 まずは学校で英語を学んでみるのも大事だと思うし、夢をかなえやすくなると思うよ!
 ・戦争をなくしたいなら、もっと政治や経済についてとかも勉強する必要があるよ!

 

↓ゆたぼん君に見てもらいたい動画です。


不登校YouTuber少年革命家ゆたぼんくんへ

 

 

私が不登校になった原因だと感じたものを紹介しますので、

今後 お子さんを育てる機会がある方、現在進行形で育児をしている方は

この点に気を付けて お子さんと向き合っていただけたらと思います。

 

大人に読んでほしい!【子供が不登校になる原因】

・学校が楽しくない

学校が楽しくない。と子供が言い始めたら

不登校につながる危険信号だと思ってください。

ここで、「楽しくなくても行くものなんだよ。」というのは逆効果です。

 

「どうして楽しくないのかな?」と、問いかけて

学校が楽しくない理由を詳しく、引き出していく必要があると思います。

 

不登校の理由は人それぞれ。

だからこそ、原因を分析していき その子の性格や希望に適した

アドバイスや対応をしていくことが大切だと思います。

ひとくくりに、怠け者だというのは逆効果です。

 

・親が毒親

これはとても重要だと思います。

ゆたぼん君のお父さんに関しても詳しいことはここに書くのは控えますが、

まず間違えなく 毒親です。調べたい人は 調べてみてください。

 

・いじめられている、孤立している、自分の居場所がないと感じてしまう

いじめられている子を無理やり学校に行かせるなんて、

間接的に殺しているのと変わりないと思います。

また、いじめまで発展していなくても 友達との関係がうまくいかず

孤立してしまうと 学校へ行くことは苦痛でしかなくなってしまいます。

 

・相談に親身になってくれる人がいない

周囲に相談できる人がいないと、どんどん孤立します。

たとえゆがんだ考え方を子供がしていても、

一度は子供の気持ちを受け止めてあげられる大人の存在は不可欠だと思います。

 

・無理やりやらされてる感が半端ない

ゆたぼん君が宿題をやりたくない、必要ないと感じているのを力づくで

やらせる先生にも問題があったかと思います。

大人と、子供の間に信頼関係が気づかれる前に 物事を強制すると

結局子供は大人を自分の害になるものだと 感じてしまいます。

 

・暴力をしてまで行動を強制させようとしてくる

 子供に手を挙げて、恐怖で支配して学校に行かせたり勉強をさせようとしても

 怖いから一時的にやらされているだけで、何も勉強は頭に入ってこなくなります。

それどころか 勉強=辛いものと体が憶えてしまって 机に向かうことを体が拒絶するようになります。

 

・勉強の必要性を子供にも納得できる形で教えてくれる大人が周りにいない

 子供に勉強の必要性を教えて、納得させるのは大人の義務だと思っています。

 自分に必要だと思えないものに 進んで熱心になれると思いますか?

 大人でもなれないと思います。

 

・成績や成長の度合いなどを 周囲や兄弟と比べられる

 得意不得意は 子供によって大きく差があります。差があって当然なのです。

なのにできない事ばかりをできる子と比べられては、

自尊心が傷つけられてしまい 頑張る気力がどんどん失われていきます。

 

・頑張って勉強をしても、親に褒めてもらえない

 辛いことでも、嫌なことでも、頑張った先に

 ご褒美をもらえたりや 親から褒めてもらえることで やる気が出せます。

 

・子供のやる気を出させようと 大きな報酬で釣ろうとしてしまう。

昨今は褒める育児が受け入れられている時代ですが

なにか勘違いをしている親御さんが多い気がします。

 

報酬を与えなかったり 褒めてやらないのもダメとは書きましたが、

逆に与えすぎるのも 子供の報酬系の脳の発達を大きく妨げる要因になります。

たとえば、100点取ったら1万円あげるわね。ゲーム機買ってあげる。など。

 

ちょっとした頑張りに 大きな報酬を与えてしまうと、

脳の金銭感覚がマヒしますし 次回もちょっと頑張っただけで大きな報酬をもらえるようにならないと満足しなくなるので、

大人になってからの就労で得た金額で満足できなくなり、不登校だけにとどまらず

将来多額の借金を抱えることになったりと 生活に大きな影響が出ます。

 

学校から帰ってきたら、飴ちゃん一つ。など、

なるべく小さな報酬で満足できるようにルールを作り、調節しましょう。

 

 

 

 

 

ゆたぼん君の言っていることは間違っているかもしれないけど、、

まだ10歳の子供に対して酷い言葉を使って

匿名で叩いている大人たちに対して 私は怒り心頭です。

 

まだ10年しか生きていない 子供に対して、クソガキだの ●ねだの

コメントしているいい大人こそ、不登校の子供が増える原因だと思うんですが

その辺について 皆さんどうお思いでしょうか?

 

小学校に休まず通ってきた大人から そんな言葉が飛んでくるんだったら、

小学校なんて通っても残念な大人になる可能性があるなら

行かない方がお得なんじゃないかと 子供に思わせてしまいかねないのではないでしょうか?

 

 

この令和の時代は、ゆたぼん君を 大人たちが暖かく見守って応援していき、

孤立しないようにする仕組みのある 社会になることを願っております。

ブログを新しく作り直しました。

こんにちは ⌘garnet⌘と申します。

 

ブログをはじめようと思って

一度作ったのですが 細かい部分が気になり

一度消して 新しくアカウントを作り直しました。

 

ご心配された方がいたらすみませんでした。